債務整理の疑問

債務整理の疑問について調べています

消費者金融や銀行などのカードローンは、便利で気軽にお金が借りられる反面、カード1枚で簡単に借金が出来てしまうため、いつの間にか借金が膨らんでいるということがよくあります。

 

特に、消費者金融や銀行などのカードローンは金利が高めに設定されているため、利息ばかりを返済して元本がほとんど減らず、返済のために借金を重ねてしまうことになるため、いわゆる「多重債務」に陥りやすくなります。そのような状況に行うのが「債務整理」です。

 

債務整理には、法的に借金を帳消しにする「自己破産」や、弁護士や司法書士に依頼して債権者と借金の減額を交渉する「任意整理」などがあります。借金の額が増えすぎて、任意整理でも完済が難しい場合は自己破産を選択することになります。
債務整理 相談

 

債務整理後は、自分の信用情報に債務整理をした事実が記載されてしまう他、5年から10年の間は自動車ローンを始めとする借金は一切出来なくなります。逆に、この期間を過ぎてしまえば、信用情報から債務整理をした事実は削除されるため、一定の収入があれば審査の上借金が再び出来るようになります。

 

もちろん、自動車ローンも審査の上で組めるようになります。いずれにしろ、借金は返済のことを十分考慮してするようにしましょう。

続きを読む≫ 2014/11/10 13:37:10

貸金業者から多額の融資を受けてしまったために、返済が困難になったときには法律家に依頼することで法律的な手法を用いて解決することが可能です。

 

借金問題の解決方法としては、債務整理という方法があり、その中にはいくつかの種類がありますので債務者のニーズや現状に合わせた方法を探すことができます。

 

貸金業者から多額の融資を受けたために借金問題を抱えてしまった人の場合には、家族や知人に借金の秘密を知られたくない人も多いでしょう。誰にも秘密を知られずに借金問題を解決したい人のときには、債務整理の中の任意整理を行うことがおすすめとなります。

 

任意整理の場合には裁判外で交渉を行う手続きとなりますので、他の債務整理である自己破産や個人再生のときのような官報に公告されることがなくなります。

 

任意整理を行った場合でも信用情報機関において登録されることにはなりますが、この登録については本人や本人の委任がなければ誰にも見られることはありませんので、借金問題を解決した事実の秘密を知られる心配はありません。

 

任意整理を行うために弁護士などの法律家に依頼した場合であっても、法律の専門家には守秘義務がありますので、誰にも知られずにプライバシーを守って処理を行ってもらえますので安心です。

続きを読む≫ 2014/11/10 13:29:10

借金の返済がどうしてもできない、そのような時は、まず借入先に相談をして、返済計画を見直してもらうようにしましょう。それでも難しい場合は、弁護士か司法書士に依頼して、債務整理をすることをお勧めします。

 

 

債務整理には大きく分けて、任意整理と自己破産があります。任意整理はある程度の返済能力がある場合に、一定期間を設けて、その間に返済を完了させるものです。一方自己破産は、裁判所に破産を申し立てて、それまでの負債を帳消しにするものです。

 

また自己破産の場合は、金融業や士業の場合は一定期間就業が出来ず、また、官報に氏名が記載されるなどのデメリットもありますので注意してください。また、弁護士や司法書士の費用が、25万円から30万円ほどかかります。もちろんこれは、後で分割払いが出来ることもありますので、自分が依頼しようとしている法律事務所や司法書士事務所に、問い合わせてみることをお勧めします。

 

また、弁護士や司法書士に依頼せずに、自分で裁判所に申立を行って、調停委員会を通して債務整理をする方法、または国が運営している法テラスを頼るのもありです。ただし、法テラス 評判はしっかりインターネットなどで自分なりに確認してからにしましょう。

 

これを特定調停といい、経費が数千円程度しかかからないのがメリットですが、定期的に裁判所に出頭して、債権者と委員会で交渉をする必要があります。

続きを読む≫ 2014/11/10 13:26:10

事故情報というのは日頃ブラックリストという俗語で呼ばれることの多い信用を落とす行為をした人が登録される信用情報機関のリストのことです。

 

貸金業者からの借り入れやクレジットカードの発行、住宅や車のローンなどでは必ずこの事故情報が参照され、掲載されている人の場合においても審査に通る確率が格段に下がってしまいます。主に借りたお金を返せなかった場合や債務整理を行った際に事故情報に登録されます。

 

事故情報は何年かの期間が過ぎることで記録は抹消され、そのあとは通常通りの審査を受けることが可能になりますが、事故情報が消えるまでの期間は事故情報に登録された理由によって異なりますし、信用情報機関によってもまた何年後に抹消されるかは異なります。

 

現在日本には3種類の信用情報機関があります。自己破産や個人再生では機関によって最長10年もの間事故情報に登録され続けるものの、任意整理は債務整理の中でも比較的軽微な行為なので最長で5年までしか登録されることはありません。

 

詳しくは株式会社日本信用情報機構(JICC)の場合が5年となり、株式会社CICの場合は登録なし、そしてKSCとよばれる全国銀行個人信用情報センターでは任意整理で事故情報に登録する制度がありません。

続きを読む≫ 2014/11/10 13:24:10

債務整理を行うことは、自分の家族に対してデメリットとなるのでしょうか。

 

これは、自分名義で借金をしていて、しかも家族に保証人を依頼していないのであれば、特にデメリットはありません。仮に妻が自分名義で借金をして、返済できずに債務整理を行った場合でも、特に夫の信用情報に影響することはありません。
債務整理 口コミ

 

しかし、もし妻が夫の名義で借入を行い、返済できずに債務整理を行うと、事情は違ってきます。
この場合、夫の名義で借入をしているわけですから、夫の信用情報にブラック情報が登録され、しばらくはローンも組めず、クレジットカードも使用できない状態になります。また、個人の借入ではあまりないことですが、もし家族に保証人になってもらってお金を借りると、返済できなくなった場合は、保証人である家族が返済を行うことになります。

 

このようなこともありますので、借入の場合は、できれば自分名義で借りた方が、家族にデメリットを与えずにすみます。もし妻が夫名義で借りる場合も、本当はよく話し合ってから申込を行う方がいいでしょう。

 

また、消費者金融の場合は総量規制があり、借入枠に制限があります。

 

ですから、妻が夫名義で借りる場合には、その分夫の借入額が小さくなるため、借入時に夫の同意が必要になります。

続きを読む≫ 2014/11/10 13:20:10
ホーム RSS購読 サイトマップ